香港ウェブメディア構築合宿レポート2日目(YouTubeチャンネル構築〜完結)

香港ウェブメディア構築合宿 大町俊輔

ゼロからワードプレスブログとYouTubeを組み合わせたウェブメディアを作る合宿の2日目の午後、香港島での撮影実習を終えて、パークホテル香港の部屋に戻ってきました。

YouTubeのビジネス活用する上で、一番重要なYouTubeチャンネルの作り方、運用の仕方について、木村 博史さんの著書「改訂 YouTube 成功の実践法則60」をテキストにして講義をして頂きました。

YouTube上のホームページを作る

YouTubeをビジネスで活用するとき、YouTubeチャンネルがとても大事なんですが、YouTubeチャンネルの存在を知っていましたか?

YouTubeチャンネルとは、YouTube上であなたの動画情報がまとめられている、ホームページのような存在です。

香港ウェブメディア構築合宿 大町俊輔

上記の画像がYouTubeチャンネルのなります。大町のYouTubeチャンネルに登録してくださいね。

YouTubeチャンネルでは、動画をカテゴリーごとに整理出来たりするので、ただ動画をアップさせるだけでなく、情報を整理することが出来るので、訪れた方も動画を探しやすいんです。

YouTubeチャンネルを作っただけじゃ意味がないんです!

YouTubeチャンネルを作るのは、とても簡単なんですがチャンネルを作っただけじゃ意味がないんです!

YouTubeさんに、YouTubeパートナーとして認めてもらう必要があるんです!

認めてもらう方法はとても簡単です。

香港ウェブメディア構築合宿 大町俊輔

チャンネルを作った時は、上記の画像のようにチャンネル名の下に「確認」と表示されますので、この表示を「パートナー確認済み」にする必要があります。

まずはじめに、YouTubeのクリエーターツールページの左に表示されているメニューから「チャンネル」をクリックして、「ステータスと機能」をクリック。

次に、「確認」をクリックすると、次のページが表示されます。

香港ウェブメディア構築合宿 大町俊輔

電話の自動音声メッセージかSMS(ショートメール)で確認コードを受け取るかを選択し、確認番号が届いたら入力すれば終わりです。

確認番号を入力すると、下記の画面が表示されます。

香港ウェブメディア構築合宿 大町俊輔

チャンネル名の下に「パートナー確認済み」と表示されたら、作業は完了です!

これをしておかないと、あとあと面倒なことになるので、チャンネルを作ったら真っ先にやってくださいね。

YouTubeチャンネルを作ったら、動画をコツコツアップ!

YouTubeチャンネルを作って、パートナー確認が終わったら、やることはたった一つ!

コツコツ動画をアップする

YouTubeとワードプレスの共通点は、コツコツと積み上げることで威力を発揮する、「蓄積型メディア」であることです。

短期間で結果が出ることを求めず、コツコツと積み上げることがウェブメディア運営にとって大事な姿勢です。

動画と聞くと、映像をイメージしますが木村さんは映像だけではなく、写真をつなぎ合わせたスライドショーだって動画になりますよ!とアドバイスを頂いたので、最近は時間を見つけては動画をコツコツ作っています。

合宿最後の最後は、木村さん参加者のみなさんと

2日間集中のウェブメディア構築合宿はとても有意義な時間と香港という、日本では受けることが出来ない刺激をたくさん受けた時間でした。

最後は、YouTubeビジネス活用の講師をしてくださった木村さんと参加者のお二人と記念撮影。

香港ウェブメディア構築合宿 大町俊輔

個人的なことなんですが、香港に行って「自撮り」へのブロックがなくなったことも大きな収穫でした(笑)

まとめ

2日間の香港ウェブメディア構築合宿を終わって、ウェブメディアの可能性と個人がウェブメディアを持つことで無限の可能性が広がるということを実感しました。

次回のウェブメディア構築合宿の開催日程は未定ですが、個人的には来年、ハワイで開催したいな〜と勝手に思っています。

合宿に参加してくださったお二人、講師の木村さんに改めて感謝です。

 

【香港ウェブメディア構築合宿レポート】

【ホテル編】パークホテル香港(Park Hotel HongKong)ホテルルームツアー

【合宿前日】空港〜尖沙咀(Tsim Sha Tsui)

【1日目】:ウェブメディアの土台になるワードプレス編

【1日目夜の街】:シンフォニー・オブ・ライツと夜の街

【2日目午前編】:YouTubeのビジネス活用基礎編 

【2日目午後編】:香港の街で動画の素材撮影 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です