【ハワイビジネス合宿1日目:後編】カフクでガーリックシュリンプランチ&ラニカイピルボックスとラニカイビーチ

タートルベイ Turtlebay NorthShore

朝からタートルベイリゾートでのプロフィール&ブランディング撮影を終え、お腹が空いたのでラニカイビーチのあるカイルアに向かう途中にあるカフクでガーリックシュリンプランチ。

FUMIS ガーリックシュリンプ  ハワイ

カフクはエビ養殖の産地でカメハメハハイウェイ沿いには新鮮なエビを使ったガーリックシュリンプのお店がたくさんあります。

FUMIS ガーリックシュリンプ

ランチに選んだお店は、「全米で食べたいランチベスト5」に選ばれたこともある、FUMIS(フミズ)。

来店したときも、中国人の団体が押し寄せるなどさすが、全米で食べたいランチベスト5にも選ばれたお店ですね。

FUMIS ガーリックシュリンプ

シュリンプはガーリックの他にも、バター・スパイシーの他にもたくさんの種類があります。

ガーリックシュリンプでお腹が満たされたあとは、ラニカイビーチのあるカイルアへ向かいます。

透き通った景色を眺めながらカイルアの街へ。

ハワイは小さなショッピングモールがいたるところにあり、ラニカイビーチに一番近いショッピングモールで一休みしてから1日目の目玉である、ラニカイピルボックスに向かいます。

ラニカイピルボックス LanikaiPillbox Kailua

こちらがラニカイピルボックスの入り口です。
この入り口から、絶景と自分と向き合うハイキングのスタートです。

ラニカイピルボックス LanikaiPillbox Kailua ラニカイピルボックス LanikaiPillbox Kailua

ラニカイピルボックスの斜面は写真のように岩が多いですが、地元の人も週末に家族で登りに来るので歩く場所はしっかり確保されています。

ラニカイピルボックス LanikaiPillbox Kailua

ピルボックスを登っている途中、左側を見ると写真のような景色が見えハイキングの疲れも一瞬で吹っ飛びます。

ですが、この景色はまだ下の方で頂上に向けて登ると写真のような建物があります。

ラニカイピルボックス LanikaiPillbox Kailua ラニカイピルボックス LanikaiPillbox Kailua

2枚目の写真のように建物の上に登って見える景色は、今まで見た中でNo.1!
その景色がこちら!

ラニカイピルボックス LanikaiPillbox Kailua

どうですかこの景色!
こんな絶景はラニカイピルボックスに初めて登った35歳まで知りませんでした。

次にラニカイピルボックスから下に見えるラニカイビーチへ。
こちらがラニカイビーチの入り口です。

ラニカイビーチ Lanikai Kailua ラニカイビーチ Lanikai Kailua

住宅の間からビーチに向かい、地面に白く敷き詰められているのはラニカイビーチと同じ砂を抜けると、そこには、、、

ラニカイビーチ Lanikai Kailua

天国のビーチと言われるラニカイビーチが目の前に。

ラニカイビーチ Lanikai Kailua

ピルボックスのハイキングで疲れた脚をラニカイビーチで癒しているみなさん。

朝からノースショアのタートルベイリゾートでの写真撮影から始まり、ラニカイピルボックスハイキングと充実した1日目が終わりを迎えようとしています。

1日目、ホテルの部屋からホノルルの夕暮れはこんな感じでした。

みなさんを、宿泊先のホテルまで送り届け、宿泊先のホテルに戻った堀田さんと大町は、夜の懇親会の食材を買いにカハラモールとアラモアナのドンキホーテまでこのあといくのでした。

次の記事では、カハラモール・ドンキホーテでの買い出しの様子や懇親会の料理記事をお届けしますね。

The LIFE Tour2018の参加表明はココをクリック

 

【The LIFE Tour開催レポート記事】

1日目前編:ノースショアタートルベイリゾートでプロフィール&ブランディング撮影

1日目後編:カフクでガーリックシュリンプランチ&ラニカイピルボックスとラニカイビーチ

1日目買い出し編:カハラモールのホールフーズとアラモアナのドン・キホーテ

ハワイビジネス合宿ホテル編:イリカイホテル&ラグジュアリースイーツ

1日目懇親会編:シェフの紹介と手料理セレクション

2日目前編:ハワイ出雲大社とカピオラニ公園でエネルギーチャージ

2日目後編:プロフィール動画撮影とハワイからの贈り物

2日目懇親会編:ハワイ最後の晩餐と手料理セレクション

完結編:ハワイビジネス合宿の振り返りと今年の合宿について

今年のハワイビジネス合宿について

2日で10倍成長するThe LIFE Tour2018とは?

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です