他人の意見が気になるのは自分がブレはじめているサイン

マーケティング改善士大町俊輔

自分のやっていることに自信がないと、色々な情報を見たり人にアドバイスを求めたくなりますよね。

情報を集め始めたり、アドバイスを求めたくなったらそれは、自分がブレ始めているサインです。

ブレ始めた時に、気をつけてほしい事があります。

ブレ始めのサインは他人の意見が気になり始める時

うまく言っていない時って、色々な人の話を聞いたりfacebookやツイッターの投稿をいつも以上に見てしまいますよね。

うまくいってない時って、悪い状況を打開するために色々な情報が飛び込んできます。

自分やビジネスの調子がいいときには反応しなかった情報も、状態が悪いと反応してしまいます。

飛び込んでくる情報の中でも、感情に訴えかけてくる情報を見たら心がグラグラ。

いつもは反応しない情報に心がグラグラ動き始めたら自分がブレ始めているサインが出ていると思ってください。

他人の意見は悪魔のささやきなので流されないでください

仕事のことだったりプライベートなことだったり、「流されなきゃよかった、、、」と他人の意見に流されて後悔した経験は誰もが一度はあります。

なぜ、他人の意見に流されてしまったのか?

その原因は、「自信がないから」

自信がないと誰かに「大丈夫だよ」と言ってもらいたくなります。

ですが、他人に話を聞いてもらうことが、他人の意見に流される原因なんです。

決断することについて、まだ自信がないなら、自信が持てるまで誰にも話さない。

自信がないときは、水草のように何処へでも流れて言ってしまいます。

他人の意見に流されるのは、自分がブレ始めているからだと思ってくださいね。

決断するのは自分で他人ではない

自分がやる事を決断するのは他人じゃなくてあなた自身です。

当たり前だろ!と思われますが、他人の意見を聞いて大事な判断をしている人が思いの他たくさんいるのも事実です。

何かを決断する時、自信がないとたくさんの人にアドバイスを求める人がいますが、それは間違った判断をする一番大きな原因です。

他人の意見を聞けば聞くほど、自分の中にある強い軸がブレ始めます。

経営者の方に「決断は一人でしますか?」と質問すると、必ず「一人で決断する」と答えます。

他人の意見を聞くと、自分の決意がブレるからだと言っていました。

意見を聞いた相手はあなたの人生やビジネスに責任を負ってくれる訳ではないですよね。

一緒にビジネスをしているパートナーならまだしも、関係のない人に意見を求めてもブレる原因になるだけなので、大事な決断は「必ず一人」でするをオススメします。

まとめ

自分の状態がよくない時は誰でもブレています。

ブレているという事を自覚している人はまだいいのですが、ブレは目に見えない事なので、自分がどんな状態なのかを認識するのは難しいです。

ブレ始めのサインとして一番わかりやすいのが、「やたらと情報収集を始める」、「他人の意見が気になる」の2つです。

無意識にこの2つを自分がしていたら、ブレ始めのサインなので「あっ、ブレ始めてる!」と認識してくださいね。

 

<受付中のセミナー・合宿のご案内>

・2日間でブログ×YouTubeを組み合わせたWebメディアを作る合宿

香港Webメディア構築合宿2018

・3時間でGoogleアナリティクスの使い方、アクセス解析の基礎が身につきます

3時間でマスター出来るアクセス解析の基礎セミナー

・個人事業主が好きなことで稼ぐ力を身に付けるスクール

https://ohmachishunsuke.com/lp/kobiji9/

・ソーシャルメディア炎上リスクに対処する法律セミナー

【大阪開催】ソーシャルメディアリスクを回避するWeb法律セミナー

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です