セミナーやコンサルの申込を増やす3つの方法

申込み率アップ 大町俊輔

お申込みが増えない、、、。

どんなビジネスをしていてもこの悩みは常にありますよね。

大町もイベントやセミナーの主催をしたり、コンサルの募集をしていますが、今までの経験の中で申込みを増やす3つの方法をシェアしたいと思います。

早期割などの期間限定割引を設定する

割引は一番わかりやすい方法ですよね。

ですが、ただ割引してしまうとあなたのセミナーや商品の価値をただ下げるだけなので、早期申込の期間を決めてその期間に申込みをしてくれた人だけを割引価格にしましょう。

割引価格を設定するときのポイントは、必ず定価と割引率や割引になる金額を明記すること。

定価が明記されていなければ、相手は最初から割引価格が定価だと思います。

表記はこのようにするといいですよ。

<表記例>

定価30000円(税込)のところ、●月●日(●)までにお申込みの方に限り、7000円割引の23000円(税込)でお申込み頂けます。

このように表記すると、定価から期間限定で割引だということが明確に伝わります。

割引価格を設定するときですが、定価が1万円以下のセミナーや商品ではあまり効果がないので、定価1万円以上だったら早期割などの期間限定の価格を設定してみましょう。

支払い方法にクレジットカード決済を導入する

個人事業主のビジネスの場合、現金でお支払いとしてほしいと思うのが本心だと思いますが、クレジットカード決済を導入するだけでも、申込み数をアップさせることが出来ます。

人は手元から現金が出て行くことに「痛み」を感じますが、クレジットカード決済の場合、手元からお金が出て行く訳ではないので現金で支払うより「痛み」を感じません。

また、クレジットカードを使うことでポイントやマイレージを貯めている人も多くなってきているので、クレジットカード決済があるとカードを使って参加費などを決済してくれます。

ネットショップを運営されている方なら、クレジットカード決済の導入は必須ですよね。

いま、クレジット決済が出来ないネットショップはお客様から相手にされなくなっていますよね。

クレジットカード決済を使うと、決済手数料を支払いますが申込みがゼロより手数料を払ってでも申込みが1件でも増える方がいいですよね。

ペイパルやスクエアなど、個人でもクレジットカード決済を使えるシステムがあるので、個人でも使えるクレジットカード決済のシステムについては別の記事でご紹介しますね。

申込み特典をつける

申込みすることで手に入れられる特典は以前からよく見る方法ですが、効果あるの?と思うひともたくさんいますよね。

申込み特典はまだまだ効果がある、申込み数をアップさせる方法の一つです。

申込み特典はデジタルで受け取れる特典とリアルで受け取れる特典の2種類があります。

デジタル特典の代表的なものは、

「PDFの商材・テンプレート」、「音声ファイル」、「動画」、「メール相談」、「スカイプやZoomなどでのセッション」などです。

リアルで受け取れる特典は、

「対面の個別セッション」、「参加者限定のグループコンサル」などがあります。

申込み特典の目安ですが、お支払い頂く費用と同等の金額がそれ以上の特典を用意するのがオススメです。

支払う費用より高い金額を貰えると、貰える側はお得感も出ますよね。

申込み人数が多い場合は、申込み特典が負担にならないような内容にするか特典はつけないという選択もしてくださいね。

まとめ

申込みをアップする方法としては、「早割などの期間限定価格を設定する」、「クレジットカード決済を導入する」、「申込み特典をつける」の3つが効果がある方法です。

申込みのアップを目指すには、お伝えした3つの方法だけに頼らず、セミナー告知ページや商品の詳細ページなどを常に改善すること、継続的な告知も同時にしてくださいね。

ページの改善、告知量を少し増やすことにプラスして、3つの方法を同時に行うことで相乗効果になり申込み数が増えます。

 

<安定的にネットから申込みが入るメディアを作りませんか?>

香港でWebメディア構築合宿を開催します

<大町が提供しているネットコンサルです>

個人事業主・フリーランス・一人社長の悩みを解決するオンライ相談室




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です