100倍クリックされる超Webライティング実践テク60

書籍レビュー Webライティング 大町俊輔

大量の情報が流れて来る現在、日本人が1日に受け取る情報量は江戸時代の人の一生分の情報量だと言われています。

毎日、あなたのパソコンやスマホにはメールやLINE、facebookメッセンジャーなどから大量の情報が届きますが、全ての情報を確認することは出来ませんよね。

大量に届く情報から自分に必要な情報だと判断する最初の基準が、メールの件名や記事のタイトルですよね。

担当したWebメディアを1万PVから650万PVに育てた著者が教える、100倍クリックされる超Webライティング実践テク60の書籍レビューをしますね。

クリックしたくなる「タイトル」をつける

あなたが思わずクリックしてしまうきっかけは、「タイトル」ですよね。

タイトルをみて、「あっ、面白そう」とか「これは役立つ」、「探してた情報だ」と思ったらクリックして内容を確認すると思います。

Webは書籍のように目次などで事前に内容を確認することが出来ないので、タイトルで内容を判断するしかありません。

Webメディアのライターさんたちは、記事の内容はもちろん大事ですけど「どんなタイトルをつけるか?」がもっと大事で、記事を書くのと同じくらいの時間を使ってタイトルを考えると言います。

書籍の中には、誰でもできる「ヒットタイトル・テンプレート」が収録されていて、この型を使うことで、思わずクリックしたくなるタイトルを簡単に作ることが出来ます。

超基本記事のテンプレートで文章が簡単にかける

文章を書くとき、書き出しはどうしよう?とか、文章ってどう書いたらいいんだろう?と悩みますよね。

文章を書くことに慣れていなかったり、文章をどう書けば悩んでいる時に役に立つのが、超基本記事のテンプレートです。

「サンドウイッチ法」はWebライティングの基礎と言われ、

仮タイトル→小見出し→本文→序文→締めの文章→本番タイトル

の順番だとストレスなく記事を書くことが出来ます。

仮タイトル:全体の方向性を決める。

小見出し:箇条書きで書きだす。

本文:小見出しを説明する文章を書く。

序文:記事にどんなことが書いてあるのか?を簡潔に説明する文章を3行程度で書く。

締めの文章:記事のまとめを書く部分なので、軽い気持ちで書いてOK。

本番タイトル:ヒットタイトル・テンプレートを使って決める

サンドウイッチ法で書くことで、ストレスなく書け、質の高い文章を書くことが出来ます。

アクセスを1000倍に増やすWebならではの奥義

著者は1万PVから650万PVにアクセスアップさせた実績がある方で、ウェブメディアへのアクセスを1000倍に増やす奥義を5つ公開しています。

・記事の更新頻度やタイミングを改善

・記事をSNSで拡散させる

・記事を拡散させるパートナーを持つ

・文章だけでなく画像にもこだわる

・フォント、行間を工夫して読者に優しい記事を作る

全部の詳細をお伝えするとかなり長くなるので、「記事の更新頻度やタイミングの改善」についてだけお伝えしますね。

記事は読んでほしい読者が必ずいますよね。

読者の生活スタイルや行動パターンなどを考えて更新のタイミングや頻度を考えるとアクセスが増えます。

例えば、ビジネスパーソンがターゲットの場合、情報チェックをする時間帯はいつでしょうか?

情報チェックするタイミングは、朝起きてから会社に着くまでの通勤時間、お昼の時間、夜自宅でリラックスしているときです。

届けたい情報の内容によりますが、最適な時間に更新すると情報を目にする可能性が高まるのでアクセスがアップします。

まとめ

書籍の中には60の実践テクニックが書いてありますが、いきなり全てを実践するのは不可能です。

オススメは「サンドウイッチ法」で記事を1つ書いてみることです。

記事がストレスなく書くことが出来るようになると、書きたいことがどんどん湧いてきてたくさんの記事を書くことが出来ます。

大町は、この書籍を記事を書くときの辞書として傍に置いて事あるごとに内容を読み直しています。

もし、文章を書いているけど、思うような反応がない。

ブログを書いているけど、アクセスを増やしたいと思っているなら、手元に置いておきたい一冊になります。

100倍クリックされる超Webライティング実践テク60

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です