ロイヤルパークキャンバス大阪北浜に超破格の値段で宿泊

2021年5月22日(土)大阪北浜のロイヤルパークキャンバス大阪北浜に宿泊。

土曜日ということで、宿泊料金も高いのが普通ですが、なんと1泊3,388円(税込)という超破格の料金で宿泊することができました。

ツインルームを贅沢に一人で宿泊しました。

今回の記事では、ロイヤルパークキャンバス大阪北浜のお部屋ならびに施設レビューをしたいと思います。

北浜エリアは静かで大阪に出張するときはおすすめのエリアですので、ご参考にしていただけたら嬉しいです。

メニューは「hide」を押すと短くなりますし、見たい項目を押すとその箇所へ記事が飛びます。

ロイヤルパークキャンバスの立地

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜は、大阪メトロ堺筋線の北浜駅の3号出口すぐ、もしくは、御堂筋線の淀屋橋駅8号出口から7〜8分程度の場所にあります。

ホテルの近くには大阪証券取引所や大阪土産で有名なGOKANなどが近くにあります。

ホテルの外観写真を撮り忘れていましたが、大阪証券取引所の右隣がロイヤルパークキャンバス大阪北浜の建物になります。

2階はロビーラウンジとジム

ホテルの入り口は、堺筋線の北浜駅の階段を上がりすぐ横です。

写真は一休.comよりお借りしました。

入り口を入るとすぐエレベーターが3基あり2階へ。(エレベーターは必ず2階に止まります)

エレベーターを降りると、チェックインカウンター(スタッフさんがいるので撮影はしませんでした。)

チェックインカウンター左には宿泊者が自由に使える、キャンバスラウンジがあります。

ロビーラウンジは開放的な空間

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル
早朝のキャンバスラウンジ

キャンバスラウンジは宿泊者以外も使うことはできましたが、今は新型コロナ感染拡大防止のため、宿泊者以外の利用は不可となっていますのでご注意ください。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

宿泊者は、上記写真のコーナーでソフトドリンクのみ、自由に楽しむことができますお部屋に持ち帰ることもできます。

ソフトドリンクの種類は下記になります。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ラウンジで過ごすときは、おしゃれでかわいいカップで過ごすことができます。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル
ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

カップの色はたくさんあるので、ドリンクによってカップの色を変えるのもいいですね^^

一人で使うには十分すぎるジムスペース

ロイヤルパークキャンバスには2階にジムがあります。

ジムの利用はフロントに行き、使うことを伝えると体調や体温を用紙に記入すれば、宿泊者は無料で使うことができます。(同時利用は3名までとのこと

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ランニングマシーンが2台、自転車漕ぐマシンが1台

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ダンベルも1キロから20キロまで重さ別にあるので種類は方法、バランスボールも2つありベンチでは腹筋もできるので、ある程度のトレーニングをすることはできます。

今回は、ランニングマシーンを使って、朝一から体を動かしました。結果はこんな感じです。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

頑張ったということで、褒めてくださいね。

お部屋に向かいます

今回宿泊したお部屋は、11階のツインルールです。

エレベーターを降りると、おしゃれな回数の表示が出迎えてくれます。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

エレベーターホールの階数表示は、各階で違うっぽいので、また宿泊した時に確認したいと思います。

お部屋の位置表示もエレベーターホールのデザインと一緒になっています。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

今回のお部屋は1115号室なので、右側に進みます。廊下は落ち着いた雰囲気です。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ツインルームは21.7平米のお部屋

今回はツインルームに一人で宿泊、ドアを開けてお部屋に入っていきましょう!

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ドアを開けるとまず見えてくるのが、等身大の姿見とクローゼット、右側にはバス、トイレスペースがあります。

バス・トイレは別ですが、シャワーブースのみ

ロイヤルパークキャンバスはビジネスホテル扱いなのですが、バス・トイレは別と嬉しい設備ですが、浴槽はなくシャワーブースのみ。

ですが、このシャワーブースがカラフルなんです。それがこちら。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル
ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

一面にカラフルなタイルが貼り付けられていて、明るいシャワーブースになっています。

シャワーは上に固定式と手に持てるタイプの両方がありますので、ご安心を。

洗面台も十分な広さがあります

続いて、洗面台ですが十分な広さと大きな鏡があるので、身支度で使うこともできます。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ツインルームなので、タオル類は2セット準備されています、洗面台の横にある袋の中にドライヤーが入っています。

アメニティは歯ブラシのみですが、、、

お部屋に最初から置いてあるアメニティは「歯ブラシのみ」ですが、実はアメニティは2階フロントの反対にアメニティがたくさん置いてあり、必要な人が自分でお部屋に持っていく方式になっています。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

歯ブラシの左隣に、かわいい靴の置物があり、これは歯ブラシ立てになります。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

2階フロントにあるアメニティには、保湿パックがありますので、ご興味のある方はお取りになってお使いください。(私ももらいましたが使わずに自宅へ持ち帰りました)

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

タオルは手触り、肌触りの良いタオル

ビジネスホテルというと、タオルが硬かったり、毛羽立っていたりとあまりいいタオルを使っていないというイメージがありますが、ロイヤルパークキャンバスはタオルもいいです。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

写真からは伝わりづらいかもしれませんが、柔らかくて肌触りのいいタオルで、水分の吸収もよかったです。

トイレはもちろんウォシュレット付き

トイレはみんな大好きウォシュレット付きです。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

写真撮り忘れていますが、便器の右手に壁にウォシュレットの操作パネルが付いています。

バゲージラックと姿見は嬉しい設備

続いて、クローゼットエリアを見てみましょう。

クローゼットのハンガーの本数が4本は、女性だけでなく男性の連泊でも少ないかな?と思いますので、連泊される方は、フロントでハンガーの追加を頼むといいですね。

死角になって見えていない場所に、無香料の消臭剤があります。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

クローゼットスペースの下には、棚とセキュリティーボックス、バゲージラックがあります。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ビジネスホテルには、バゲージラックがないところが多いので、あると助かります。

クローゼットスペースの反対側に、等身大の姿見があります。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

身長178センチの私の全身が写るので、ほとんどの人は全身が鏡に映ります。

またまた写真撮り忘れていますが、鏡の下に、スリッパと靴を磨く布があります。

ベッドはシングルベットが2つでツインです

お部屋の奥へ進んでいきましょう。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ベッドはシングルベッドが2つ並んでツインルームとなっています。

奥には二人がけのソファーとテーブル、ソファー横には冷蔵庫やケトル、コップなどがあります。

ベッドにはライオンクッションと2種類の枕

シングルベッドが2つのお部屋ですが、ベッドの上にはインパクトのあるライオンのクッションと袋に入ったルームウエアが2セットあります。

枕も2種類あり、硬い枕と柔らかい枕がありました。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ルームウエアは上下セパレートタイプ。着心地もよかったです。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ベッドの上には、印象的なインテリア?というのでしょうか、素敵な飾りがあります。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

この飾りは、お部屋ごとに色や図形の配置が違うのでしょうか?今度、違うお部屋に泊まった時に追記しますね。

ソファーと冷蔵庫、ケトルなどの備品

お部屋の窓際には、二人がけのソファーと冷蔵庫、ケトルなどが収納されている棚があります。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ソファーは二人がけですが、一人で使う方がゆったり使える幅です。女性二人なら楽々座れると思います。

冷蔵庫、ケトルなど収納されている棚

ソファーの左隣には、冷蔵庫、ケトル、コップなどが収納されている棚があります。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

まず、冷蔵庫

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ビジネスホテルによくある、一人用の冷蔵庫です。残念ながらサービスのお水はありませんでした。

以前は、サービスでお水を配っていたようですが、今はコロナ対策なのか?配っていないようです。

続いて、ケトルやコップが収納されている引き出し

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

引き出しを上から見ると、奥からケトル、コップ、マグカップの順に並んでいます。

マグカップはこのようなデザインです。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

赤と青2色のおしゃれなデザインのマグカップ

ビジネスホテルに宿泊することが多い方は、「あれ?」と思ったことがあると思います。

そうです!コーヒーやお茶のティーバックがないですよね

ロイヤルパークキャンバスはお部屋にお茶やコーヒーが置いてないんですが、ロビーにちゃんと置いてあるので、ご自分でお部屋に持ってきましょう。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ロビーには、緑茶、アールグレイ、ダージリンなど主に紅茶のティーバッグが置いてありますので、お好きな物をお部屋に持って上がってくださいね。

一般的なビジネスホテルではコーヒーと緑茶のセットがほとんどなので、紅茶好きな方には嬉しいサービスですね。

パソコンをテレビに繋いで大画面モニターに

お部屋のテレビは詳しい大きさは分かりませんが、40インチ以上はある大きさです。

私は、パソコンとテレビをHDMIケーブル(フロントで貸してもらえます)を繋いで、大画面モニターとして作業やYouTubeアマゾンプライムなどを観て過ごしました。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ソファーのテーブルに置いたパソコンからテレビに繋いだ時の写真。

動画を観るときは快適でしたが、作業するとなると、テレビとの距離があり作業しずらかったです。

ホテルのテレビが液晶テレビであれば、フロントでHDMIケーブルを借りてパソコンと繋ぐことで、外部モニターとして大画面でYouTubeやアマゾンプライムを楽しむことができます。

Wi-fiは高速

お部屋のWi-fiの速度を計測してみました。計測した時間は夜23時頃です。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

アップロード、ダウンロード共に150Mbps以上なので快適なWi-fi環境といえます。

お部屋には「ナノイー」がありました!

今回のお部屋には、パナソニックのスチーマー「ナノイー」がありました。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

女性には嬉しい、保湿ケア用のスチーマーですよね。

お部屋に加湿器がないので、ナノイーを加湿器代わりに使おうかと思いましたが、音が意外とうるさいのと、ベッドの横なの何かあったとき大変なのでやめました。

ちなみに、加湿器は4階のレンタルアイテムルームから自由に持ち出しできるそうです。空気清浄機はフロントにて借りることができます。

詳しくは、ロイヤルパークキャンバスのこちらのページをご確認ください。

お部屋のコンセントの数

私のホテルレビューではお馴染みの、お部屋のコンセント・USBポートの数をお伝えします。

コンセントの数は、12箇所、USBポートの数は、2箇所

最初は、ベッドの両サイドにコンセントが2箇所、USBポートが1箇所ずつの合計2箇所

続いて、冷蔵庫がある棚には、コンセントが2箇所

続いて、ソファーのわきにコンセント2箇所

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

テレビが収まっている枠の側面にコンセントが1箇所

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

入り口入ってすぐの壁に、コンセント2箇所

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

最後は、洗面台の脇にコンセント1箇所

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

その他

ホテルのセキュリティーやルームカードのデザイン、チェックイン時に頂いた消毒ジェルのご紹介をします。

セキュリティについて

ホテルのお部屋に行くには、エレベーター内の黒いパネルにルームキーをかざさないと行き先階を押せないようになっています。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ルームキーのデザインもオシャレ

ルームキーのデザインはシンプルなものが多いですが、ロイヤルパークキャンバスのルームキーはおしゃれなデザインです。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル
こちらは、カードキー入れ
ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル
ルームキー

チェックイン時に消毒ジェルをいただきました。

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜,theroyalparkcanvasosakakitahama,ホテルレビュー,大阪,北浜ホテル

ホテルの周辺環境

ロイヤルパークキャンバス大阪北浜の周辺環境についてお伝えします。

コンビニ

ホテルの1階にファミリーマートがあり、ゆうちょ銀行のコンビニATMもあり。

セブンイレブン、ローソンはホテルから徒歩3分くらいの位置に横並びであります。

スーパー

ホテルの目の前の道(堺筋)を車と逆方向に歩いて、2分くらいの場所にPRESCOというスーバーが地下1階にあります。

カフェ

ホテル横の大阪証券取引所の1階に上島珈琲店

大阪証券取引所の向かいに、NorthShore

少し歩いたところ土佐堀川沿いに、ブルックリンロースティンググカンパニー

とカフェ環境は充実しています。

飲食店

飲食店は至るところに、こだわりのお店があるので、検索して好みのお店を探すのが一番いいと思います。

ホテルの1階入り口を出てすぐ右側に、美味しいパンで有名な「パンカラト ブーランジェリーカフェ」があります。

お土産

ホテルの向かいに大阪土産で有名なお米のお菓子で有名な「GOKAN」があります。

まとめ

大阪に緊急事態宣言が発令されている最中だったので、宿泊者も少なく、料金も破格の値段で宿泊することができました。

ロイヤルパークホテルグループの一つである、「キャンバス」というブランドは、都会的で洗練された空間で過ごすことができる数少ないホテル。

特に、キャンバスラウンジはフル活用すると、仕事も捗りますし、クリエイティブ脳を刺激されるのでオススメです。

今回の宿泊予約で使ったサイトはこちら

緊急事態宣言が6月20日まで延長されましたが、仕事で出張されている方もたくさんいます。

移動するときは、ご自身で感染予防対策をしっかり行い、安全に移動しましょう。

おまけ(お部屋の動画)

ホテルのお部屋の動画撮影をしたのでご覧ください。