マーケティング改善士とは?

マーケティング改善士 大町俊輔

はじめまして、マーケティング改善士 大町俊輔です。

マーケティング改善士って何?はじめて聞く言葉だけど何する人?という人がほぼ100%だと思います。

なぜなら、私が自分で作った言葉なので知らなくて当然なんです。

これから、マーケティング改善士は何をするのか?についてお伝えしていきますね。

マーケティングって何?よく分からない。

マーケティングという言葉を聞いて、何をするのかイメージ出来ますか?

おそらく多くの人は、言葉は聞いたことあるけど何をするのかと言われると、よく分からないというのが本音だと思います。

そうなんです、マーケティングというのは形がないので、何をすることなのか実態がよく分かりません。

よく分からないマーケティングについて、マーケティング改善士は何をするのか?

数字を使って改善するポイントを発見し改善策を提案します

マーケティングは無形で姿が見えないので、見える化するために「数字」を使います。

ビジネスをする上で、数字はとても重要ですよね。

売上をはじめとする様々な数字が手元にあるはずですので、その数字を元にもっとビジネスを成長させるには、どこを改善して伸ばしていけば実現出来るのかを一緒に見つけ、改善策を提案します。

なぜ数字を使うのか?

数字を使う理由は、曖昧さをなくすためです。

曖昧な数字を使うと、全てが曖昧なままなので正確な現状を把握することができず、間違った状況把握をして間違った改善策を実行してしまうかもしれません。

間違った改善策を実行しても、今よりいい状態になる可能性は限りなく低く、時間と労力を無駄にしてしまいます。

正確に把握している数字を使うことで、よりよくするための改善ポイントや改善策が自然と見えてきて、高確率で今よりビジネスの状況をよくすることが可能になります。

数字を使うと改善策を実施する前後の変化が確認出来ます

今まで確認することが出来ないと思われていたリアルでの行動も数字を使うことで、改善策の実施前後の効果を把握することができ、改善策が効果あったのか?なかったのかを確認することができます。

もちろん、インターネットを使った改善策は全ての行動を追跡(トラッキング)することが出来るので、改善策を実行する前と後の変化を数字で確認することが出来ます。

数字で結果がわかるので、次の一手を考えることも容易になります。

マーケティング改善士は何をするのか?

マーケティング改善士は、数字を使ってあなたのビジネスを今より成長・拡大させるための改善ポイントを見つけ、改善策の提案、実行の支援、効果検証という改善サイクルを回すことで、ビジネスを成長軌道へと導きます。

その他にも、

・改善効果を確認するためのレポート作成

・数字を計測するための計測設定・アドバイス

・改善策を実行するために必要な人材の紹介

など、改善に必要なことを出来る限り提供していきます。

どのようなサービスを提供するのか?

マーケティング改善士として提供するサービスは次の内容になります。

<企業向け>

・改善サイクルの導入(3ヶ月〜)

・現状確認のための改善診断(1回)3時間:50.000円(税別)

・改善出来る人材の育成(半年〜)

<個人向け>

・現状確認のための改善診断(1回)2時間:25.000円(税別)

現在は、企業向け3つ、個人向け1つのサービスのご提供をこれから開始します。

企業向けの金額、費用についての詳細はお問い合わせ頂いた方へご案内をさせて頂きます。

最後に

ビジネスは改善することで今より成長をしていきます。

勘や何となくという根拠のないことはやめて、数字という確かな根拠を元に改善するポイントを見つけ、改善策を実行し、改善する前後の差を数字で確認して効果を検証することがますます重要になります。

私は美容、ITの広告営業、大手広告代理店でのマーケティング業務では、ネット広告、メールマーケティング、ポスティング、チラシ配布、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌広告と様々な分野の効果検証を行い、改善策の提案というまさに「改善業務」をずっと経験してきました。

数字を見ることで、今まで気づくことが出来なかった事実がわかり、改善策を実行したことで、ビジネスが成長軌道に乗ったという事例はたくさんあります。

私はマーケティング改善士として、あなたのビジネスを今より一つ、二つ上のステージへ導く手伝いができれば嬉しいです。

もし、原因がわからずビジネスの調子がよくないと思っていたり、もっとよくするためには何をすればいいのか知りたいという人や企業は私まで連絡をください。

こちらをクリックして、連絡してくださいね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です