【速報】Go Toトラベル 楽天トラベル、一休.com、じゃらんなどからの予約は1泊3500円に変更!

2020年7月22日から開始したGo To トラベルで大きな変更がありました。

10月10日の午前2時30分以降に、楽天トラベル一休.comじゃらんヤフートラベルなどの予約サイトからの予約制限が始まった。

この記事では、旅行会社ごとにどのような状況になっているのかを、できる限りお伝えし、情報が更新されたら、追記をしていきます。

背景:予算は余っているのに制限が始まる

10月から東京がGoToトラベルの対象に追加され、キャンペーンが盛り上がり観光業者は景気が上向きになることに期待をしているが、特定のインターネット旅行予約サイトでの制限が開始された。

約1兆3500億円の予算が投じられているGo Toトラベルキャンペーンだが、7月22日〜9月15日までの約2ヶ月で、割引支援額は約735億円と全体予算からみるとわずかな金額して使われていないのに、制限が始まったのは、予約サイト・旅行会社・宿泊施設ごとの配分額の違いだそうです。

旅行をする消費者にはどうすることもできない状態ですが、次から主な旅行予約サイトごとに、現時点(10/11)での状況をお伝えします。

制限を受けている旅行・ホテル予約サイト

まずはじめに、GoToトラベルで割引の制限を受けているサイトの情報をお伝えします。

楽天トラベル

楽天トラベルでは、10月9日(金)以降、1会員あたりの利用上限枚数(35%OFFクーポン)を1枚(国内宿泊:1予約1部屋、国内ツアー:1予約)まで。

※10月9日以降は当面の間、1回しかGo Toトラベルの予約ができません。

一休.com

 一休.comは、10月10日(土)午前2時30分以降の予約における割引額の上限を一人1泊あたり最大3500円割引に変更。

1人あたりの回数制限はなし(何度でもご利用可能)

※一人1泊あたり1万円以下は35%になるが、それ以上の場合の割引率が下がる。

じゃらん

じゃらんは、10月10日(土)午前2時以降に予約する場合の割引額の上限を一人1泊あたり最大3500円(税込)に変更。

1人あたりの回数制限はなし(何度でもご利用可能)

※一人1泊あたり1万円以下は35%になるが、それ以上の場合の割引率が下がる。

ヤフートラベル

ヤフートラベルは、10月10日(土)午前0時以降の予約における割引額の上限を一人1泊あたり最大3500円割引に変更。

1人あたりの回数制限はなし(何度でもご利用可能)

※一人1泊あたり1万円以下は35%になるが、それ以上の場合の割引率が下がる。

制限を受けていない旅行・ホテル予約サイト

10月11日時点で、旅行代金が最大35%割引+地域クーポン券が旅行代金の最大15%分の割引を受けることができる、旅行・ホテル予約サイトの一覧になります。

JTB

JTB:10/11時点で、割引の制限を受けておりません。

近畿日本ツーリスト

近畿日本ツーリスト:10/11時点で、割引制限を受けておりません。

日本旅行

日本旅行:10/11時点で、割引制限を受けておりません。

HIS

HIS:10/11時点で、割引制限を受けておりません。

JALパック

JALパック: 10/11時点で、割引制限を受けておりません。

ANAスカイツアーズ

ANAスカイツアーズ: 10/11時点で、割引制限を受けておりません。

るるぶトラベル

るるぶトラベル: 10/11時点で、割引制限を受けておりません。

Booking.com

Booking.com10/11時点で、割引制限を受けておりません。

エクスペディア

エクスペディア : 10/11時点で、割引制限を受けておりません。

こころから

こころから :10/11時点で、割引制限を受けておりません。

ゆこゆこネット

ゆこゆこネット10/11時点で、割引制限を受けておりません。

ゆめやど

ゆめやど :10/11時点で、割引制限を受けておりません。

予算上限に達しキャンペーン終了した旅行・ホテル予約サイト

10月11日時点で、割り振られた予算の上限に達し、旅行・ホテル予約サイトをお伝えします。
※今後、再開した場合は情報を更新します。

Relux

Relux: 10/11時点で、分配された予算上限に達したのでGoToキャンペーン終了

キャンペーンに参加検討中の旅行・ホテル予約サイト

10月11日時点で、GoToトラベルキャンペーンに参加を検討している旅行・ホテル予約サイトの情報をお伝えします。

Hotels.com

Hotels.comは、10/11時点でキャンペーンへの参加を検討中です。

まとめ

GoToキャンペーンの適用範囲に東京都が追加されてから、年内の連休や年末年始の旅行が盛んになることが期待されていますが、楽天トラベルや一休.com、じゃらんなど予約件数が多いサイトへの制限があるのは、旅行需要を減少させる可能性があります。

私も一休.comはよく使っているので、個人的には早く制限が解除させることを願っています。